卒業生への支援

(1)基本方針
  卒業後3年間を基本とし、自立を目指した支援を行っています。進 路先での状況把握に努め、本人・保護者・企業および事業所・関係機 関と連携を図り職員に紙面等で近況を伝えています。 

(2)本年度の重点
 ①本人・保護者・企業および事業所と学校との連携を密にして、進路  先への定着をはかります。
 ②進路先への訪問を定期的に行い、諸課題に迅速に対応していきます。
 ③ジョブサポーターや相談支援機関との連携を図り、適切な支援を行  います。

(3)業務内容
 ① 訪問
  ア.進路先訪問:定期的に訪問し、実態の把握に努めます。
  イ.家庭訪問:必要に応じて訪問し、支援します。
  ウ.電話による相談も随時行っています。
 ②文書【便り「ほうめい」(年3~4回発行)】
  ア.社会人として必要なマナー、一般的知識を掲載しています。
  イ.同窓生の動向、学校の様子、行事の連絡等を行なっています。 
 ③報告
  ・卒後支援研修会等で職員に報告します。