現場実習

1学年

形態:グループ実習(指導者付) 
期間:3日間
目的
 卒業後の社会参加・社会自立を目指すため、前半の学年作業では、勤労意欲を育てるとともに、自分の働く力を確認し、現場実習へのぞむ準備とする。また、後半の現場実習では、職業生活を体験し、来年度の実習への足がかりとする。

2学年

形態 :個人実習
期間:2週間
目的
 1 実社会にじかに触れ、企業(会社)で働くという「きびしさ」を体験する。
 2 就労に対する意識の喚起をはかる。(働く心構え、対人関係の在り方等)

3学年

形態:企業への通勤実習 施設・作業所等への通勤実習 施設への入所実習 等
期間:1学期→2週間 2学期→4週間
目的
 1 将来の社会生活・職業生活に必要な基礎知識を身につける。  
 2 勤労の貴さ、就労の意義を知る。
 3 企業や施設等の社会の中で働き、自立して生活が送れる力の検証、強化の場とする。
 4 これからの学校生活や家庭生活に目的や希望を持たせる機会とする。